やることを知って引越しをしよう【すべてをきちんとこなす】

男性作業員

事前に知っておく

引越しをするということであれば、やることリストをきちんと作成しておくことが大事です。やることを決めておくことによって、スムーズに引越しを進めていくことが出来るようになっています。やることを着実に実行していけば、引越しは完了します。

トラックのおもちゃ

住まいを移るには

突然の引越しはやることが多いので、体調管理をしっかりと行い慌てずに行動することが必要です。手続きのために様々な場所に連絡したり出向いたりする必要がありますから、無駄のないように整理しながら引越しの準備をすることが大切です。

男女

常にメモを取る習慣を

引越しが決まるとやることがたくさん出て来ます。頭の中だけでは処理出来ませんので、必ずメモを取るようにします。また心配な人はネット検索で、引越しには何が必要かを調べるようにしましょう。忘れものは出来ないと考えて、行動しましょう。

男性

リストを作ることが大事

引越しの際にはやることがたくさん出て来ます。やることを確実に実行するために、引越しリストを作成することが良い方法になります。ネット検索でリストを作ることが出来ます。リストを順に消して行くことで、やり忘れがなく引越し作業を行なうことができます。

トラックの模型

荷造りは事前準備が大切

引越しは手間と時間がかかりますが、事前にやることをやっておけば効率よくすることができます。何も考えずに荷造りすると、何処になにがあるのか分からなくなってしまい、ダンボールを開けなくて中身を確認しなければならず、余計な時間がかかってしまいます。

紙に書いておく

トラックの模型

よく見て確認する

引越しが決まるとやらなければならないことがたくさんあります。荷物の片付けと荷造りだけでも大変ですが、さらにいろいろな手続きも必要になります。すべてをきちんとこなすためには、やることをひとつひとつ書き入れたリストのようなものと作っておくと良いかもしれません。引越しの1か月くらい前から準備取りかかかると余裕を持ってこなしていくことができそうです。そのため、やることは1か月前から考えて書き留めておくことが望まれます。まずは業者探しで、これは見積もりなどもしてもらう必要もあり、さらに費用の点でも重要なことなので、先に済ませておくと安心できます。子どもがいれば学校の手続き、パソコンなど使用していればインターネット回線の移転なども必要です。また住まいや車関係のことも忘れないようにしましょう。2週間くらい前には水道、電気やガスなどの移転手続きと転居届の提出もしますが、その際に郵便物の転送手続きもしておけば忘れずに済みます。2週間を切って1週間前までにやることは荷造りですが、日常で使っているものは前日まで置いて置き、それ以外を梱包します。その時梱包済みの品物のメモなどを残しておけば紛失を疑って慌てることも少ないようです。前日の梱包がすべて済んだら、ご近所への挨拶に持っていくものの確認を済ませていよいよ引越し当日です。引越しには余裕を持った準備が必要で、それをしておけば当日慌てずに済むことがたくさんあります。しかし、当日にやることもまだまだたくさん残っています。荷物の運搬などの引越し作業をはじめとして、ご近所への挨拶、家の掃除など忙しい中での作業が多くあります。そして、すべて終わっても転入届の提出やいろいろなところへの住所変更手続きなど引越しをした後にもやることは残っています。どれをとっても全部大事なことなので、リストを作ったらこまめにそれを見直すことも必要です。

Copyright© 2019 やることを知って引越しをしよう【すべてをきちんとこなす】 All Rights Reserved.